前へ
次へ

欧米では価値が高い、医療社会学の考え方とは

欧米では、医療社会学と呼ばれている学問が、医療の現場でも高く評価されています。
病気になるは、それなりの原因があり、社会が病気を患わせている人に対して、影響を与えている学問です。
例えば、不景気になれば、人はストレスを抱えやすくなり、免疫力が落ちやすく、体を害させてしまう可能性を高めてしまうでしょう。
人々のコミュニケーションが薄い自治体では、引きこもりも多くなりやすく、孤立化からうつ病を患わせてしまいかねません。
欧米では、健康に対する意識も高く、自転車や徒歩での行動を行いやすい環境作りが行われている地域も数多くあります。
残念ながら、日本においては、医療社会学がそれほど高く評価されていません。
日本の国民において、他人に干渉するのがあまり望ましくない考え方もあり、病気を患うのは自己責任の風潮もあるためです。
ただし、今後の未来における日本では、社会保障費が高くなり、制度そのものが崩壊する話もあるでしょう。
医療社会学の考えは、国民一人一人がしっかりと自覚し、健全な共同体としての社会作りに意識を向けなければならないはずですこの学問の中には、病気となる原因だけを求めるのでは無く、健全であり、長く持続可能な社会作りの考えも存在します。

Page Top