前へ
次へ

進化をしていく医療の技術と現実

日本の医療は日々進んで行っています。
数年前まで難しかった治療法も今ではスタンダードになっているということがあります。
例えば生体肝移植も数年前までは難しい治療法でした。
今でも成功率を100%誇っているわけではありませんが、成功をして自宅で過ごしている人も多いです。
入退院を繰り返す生活から離れることができる、というのはとても嬉しいことです。
しかし脳死の人からの臓器移植に関してはまだまだ日本は進んでいません。
特に子供に関しては海外に行かなければいけなかったということもあります。
日本でも15歳以下の脳死患者から臓器提供を受けることができるようになりましたが、提供者の親が承諾をしないということが多いです。
海外では自国の移植希望者を優先したいということがあるので、海外の患者は自国の医療機関で移植をしてほしいという希望もあるようです。
子どもの脳死を受け入れることができない親が多く、臓器を望んでいる親も早く承諾してほしいという気持ちを持っているようです。

Page Top