前へ
次へ

インフルエンザ予防に使える医療情報

インフルエンザに感染するとまず自分自身が辛い状態になります。
さらに学校や会社を休む必要があり、仕事をしている人なら関係者に迷惑をかけてしまうかもしれません。
家族がいるなら家族への感染リスク等があり1人が感染するだけで多くの人に影響を与える可能性があります。
インフルエンザの予防には事前に予防接種をしておくのが効果的とされているので、予防接種を行ってくれる医療機関を利用して受けるようにしましょう。
では予防接種を受けていれば感染しないかですが決してそうではありません。
免疫力が低下していると感染する可能性があり、予防接種によって重篤化するのを防げます。
免疫力を高めておけば感染リスクが減らせますが、さらにしておきたい医療情報があります。
それはビタミンDの摂取です。
体の粘膜に必要とされるビタミンDですが、日光浴などによって必要量が得られます。
しかし冬場にはなかなか日光浴ができません。
サプリなどで摂取すれば粘膜を強くしてインフルエンザ予防に役立てられます。

Page Top